ちむどんどんのフーチャンプル―!沖縄の麩と普通の麩違いは?通販できる?

テレビ情報

ちむどんどんで、暢子が作っていた「フーチャンプルー」とっても美味しそうでしたね!

暢子が東京に行けることになり、「沖縄の麩を送ろうね」という良子ねえね。

そこで沖縄の麩と東京の麩と違うという会話がありました。東京の麩は小さいとのこと。

沖縄の麩、気になります~!フーチャンプル―も食べてみたい!

麩は日本各地に色んな種類があると思いますが、今回は沖縄の麩と本土の麩の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

ちむどんどんのフーチャンプル―!沖縄の麩と普通の麩違いは?

【ちむどんどん】沖縄の麩と本土の麩、どこが違うのかお伝えします。

↓↓↓こちらが沖縄の麩です。

沖縄の麩は、穴のある筒状の車麩です。

一説によるとグルテンの量がとても多いのだそうです。

小麦たんぱく質であるグルテンの量が多いということは、栄養価が高いということですね!

また、棒に何層も重ねながら焼き付けるため、焼きたてはふわふわです。

乾燥した麩は、水に戻しても溶けにくく、弾力があり、煮崩れしないので炒め物にぴったりです!

昔ながらの製法で作られた沖縄麩は、パリパリと香ばしいです!

沖縄の麩は、もっちりしっかりしていて食べ応えがありますね!

次に東京の一般的な麩を紹介します。

↓↓↓こちらが一般的な麩になります。

「焼き麩」と言われ、通称「小町麩」「おつゆ麩」とも言われています。

生麩に澱粉や膨張剤を加えて成形し、焼き上げる麩です。

煮物やすき焼き、お吸い物に使われます。

こちらの麩は、軽くて、お吸い物などに入れるとふわっととろける優しい麩です。

小麦のグルテンから作られる麩は、形や大きさ、色合いなど色んな種類があります。

全国各地に伝統的な麩があり、その数なんと、100種類!

スポンサーリンク

ちむどんどんのフーチャンプル―!沖縄の麩の大きさは?

沖縄の麩は、どのくらいの大きさなのか気になったので調べてみました。


沖縄の麩は、ものによりますが大体直径6cm~7cm、長さが30cm以上あります。

それをカットして販売しています。

軽いけど、かさばるので最近では三分一に圧縮した商品も出ているんだとか。

スポンサーリンク

ちむどんどんのフーチャンプル―!沖縄の麩と普通の麩違いは?使い方は?

使い方を紹介します。

  • 水に浸して戻す。
    ※出汁で戻すと味わいが深くなるのでさらに美味しくなります。
  • 手でちぎったり、包丁で切ったりして食べやすくする。

台風の多い沖縄ですから、保存の効く麩は大変重宝されていて、ストックしていると頼りになる食材ですね!

スポンサーリンク

ちむどんどんのフーチャンプル―!沖縄の麩と普通の麩違いは?通販出来る?

沖縄麩は通販できるのかお伝えします。

沖縄麩は通販出来ます。


こちらのお店では沖縄食材が色々揃っています。


通販の他に沖縄麩が売ってる場所は、沖縄食品取扱店や、沖縄物産展になります。

スポンサーリンク

ちむどんどんのフーチャンプル―のレシピ

暢子のフーチャンプルーは、暢子の好物の一つです。

【材料】

  • 沖縄の車麩:1本
  • 卵:3個
  • もやし:1/2袋
  • にら:1/2束
  • 泡盛:大さじ1
  • ラード:適宜
  • 豚出汁:適宜
  • 塩:少々
  • 暢子の涙:1滴

沖縄麩に卵液を吸わせ、肉のような存在感がボリューム満点のおかずです。

ニラやもやしもたっぷり入っていて栄養もばっちりです!

スポンサーリンク

ちむどんどんのフーチャンプル―!沖縄の麩と普通の麩違いは?通販出来る?まとめ

  • 沖縄の麩は、穴のある筒状になっている。
  • 一説によるとグルテンの量がとても多く、小麦たんぱく質であるグルテンの量が多いということは、栄養価が高い。
  • 棒に何層も重ねながら焼き付けるため、焼きたてはふわふわしている。
  • 乾燥した麩は、水に戻しても溶けにくく、弾力があり、煮崩れしないので炒め物にぴったり。
  • 昔ながらの製法で作られた沖縄麩は、パリパリと香ばしい。
  • 本土の麩には様々な種類があるが、一般的な麩は、「焼麩」「小町麩」と呼ばれ、生麩に澱粉や膨張剤を加えて成形し、焼き上げている。
  • お吸い物や、すき焼き、煮物に使われている。
  • 沖縄麩の大きさは、直径6~7cmあり、長さは30cm超え。
  • 軽いがかさばるのでカットしたり、三分の一の大きさにしたりして販売されている。

沖縄麩と本土の麩は同じ麩なのに全くの別物でした!フーチャンプル作って食べてみよう~♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ情報
スポンサーリンク
エコのmamaブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました