日焼けはどれくらいで戻る?期間は?白くする方法はある?

埼玉お出かけ情報

暖かくなってくると気になるのが日焼けですよね!

特に春先はつい日焼け対策をし忘れてしまって「うっかり日焼け」になりがちです。

日焼けしてしまった時のがっかり感と言ったら、本当にショックですよね。

日焼け対策しなくても大丈夫かな~と思って外出して、日差しが強かったりすると「日焼け対策してくれば良かった~‼」と後悔したこと、何度もあります。

日焼けしてしまったらどれくらいで戻るのかご存じですか?

今回は、どのくらいで元のお肌に戻るのか、期間は?白くする方法についてお知らせします。

春先のうっかり日焼け多いです。マスク焼けは絶対にしたくない―‼

スポンサーリンク

日焼けはどれくらいで戻る?期間は

日焼けしてしまった肌が、元の肌に戻るまでの期間はどれくらいでしょうか?

  • 新しい細胞が出来てから、元の皮膚の色に戻るまで約4週間。
  • そこから、元の色に落ち着くまで約2週間。
  • 全部で約6週間・45日かかる。

日焼けをして、元の肌に戻るまでは約6週間かかります。

肌は、表皮の奥で新しい皮膚細胞が作られて徐々に表面に出てきます。

古くなった皮膚は剥がれ落ちて、新しい表皮と入れ替わる「ターンオーバー」を繰り返しています。

ターンオーバー、聞いたことあります。

紫外線を浴びた肌・日焼けした肌は、「ターンオーバー」によって新しい皮膚と入れ替わることによって、日焼けをする前の元の肌の色に戻ります。

ターンオーバーのサイクルは、年齢を重ねるにつれて長くなり、元に戻るのに時間がかかると言われています。

スポンサーリンク

日焼けはどれくらいで戻る?白くする方法

日焼けしてしまった肌を白くする方法をお知らせします。

先ほど、日焼けしてしまった肌は6週間ほどで元に戻るとお伝えしました。

日焼けしてしまった肌は、軽いやけどをしている状態になります。

自分で出来るケアをしてあげましょうね。

  • 日焼けした部分を良く冷やす。火照った部分も保冷剤をタオルで巻いたものなどで冷やす。
  • メイク落としや洗顔はいつもより力を入れずに洗い流す。
  • 摩擦もNG。
  • 化粧水をたっぷりつける。いつもよりたっぷり。
  • 日焼けした肌はダメージを受けているし、かなり乾燥状態になっている。
  • 鎮静効果のある化粧水を使用したり、パックをするのもgood。
  • 最後に乳液など油分のあるものでフタをします。

日焼けした後に食べると良いものや栄養素をお知らせします。

体の中からもケアしていきたいですね!

日焼けした後に食べると良いものや栄養素

  • 日焼けした時にとった方が良い栄養素はビタミン。
  • 特にビタミンCは、老化防止やハリの肌を作る効果が期待できる成分で、メラニンの生成を抑える効果とメラニン色素を薄くする働きがあると言われている。またコラーゲンの生成を促してくれる栄養素なので、再生途中の肌には大切な栄養素。
  • ビタミンCを多く含む食材は、レモン・グレープフルーツ・赤や黄ピーマン・いちご・キウイフルーツなど、果物に多く含まれている。

日焼けしたあとは、身体の外側からも内側からもダブルでケアしていきましょうね♪

スポンサーリンク

日焼けはどれくらいで戻る?うっかり日焼けを防ぐには?

うっかり日焼けを防げたら、良いですよね!

うっかり日焼けを防ぐには、日傘・帽子・サングラス・アームカバーなどのアイテムを使って紫外線対策・日焼け対策をしていきましょう~!

折り畳みの日傘を鞄に入れておくと急に日差しが気になるときに重宝します。

スポンサーリンク

日焼けはどれくらいで戻る?期間は?白くする方法はある?まとめ

  • 日焼けしてしまった肌が、元の肌に戻るまでの期間は、新しい細胞が出来てから、元の皮膚の色に戻るまで約4週間。そこから、元の色に落ち着くまで約2週間。全部で約6週間・45日かかる。
  • 日焼けした肌を白くする方法は、日焼けした部分を良く冷やす。火照った部分も保冷剤をタオルで巻いたものなどで冷やす。
  • メイク落としや洗顔はいつもより力を入れずに洗い流す。
  • 摩擦もNG。
  • 化粧水をたっぷりつける。いつもよりたっぷり。
  • 日焼けした肌はダメージを受けているし、かなり乾燥状態になっている。
  • 鎮静効果のある化粧水を使用したり、パックをするのもgood。
  • 最後に乳液など油分のあるものでフタをする。
  • 日焼けした後に食べると良いものや栄養素は、ビタミン。
  • 特にビタミンCは、老化防止やハリの肌を作る効果が期待できる成分で、メラニンの生成を抑える効果とメラニン色素を薄くする働きがあると言われている。またコラーゲンの生成を促してくれる栄養素なので、再生途中の肌には大切な栄養素。
  • ビタミンCを多く含む食材は、レモン・グレープフルーツ・赤や黄ピーマン・いちご・キウイフルーツなど、果物に多く含まれている。
  • うっかり日焼けを防ぐには、、日傘・帽子・サングラス・アームカバーなどのアイテムを使うのがオススメ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
埼玉お出かけ情報
スポンサーリンク
エコのmamaブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました