11月のお祭りや花火大会の寒さ対策は?服装や持ち物を紹介!

おでかけ情報

11月にお祭りや花火大会が開催されるところもありますよね^^

11月は、暗くなるのが早いので日中暖かくても日が陰ってくると急に寒くなります。

朝晩と日中の温度差が大きいのもこの季節ならではですよね。

秋のお祭りや花火大会に行くときってどんな服装で行ったら良いですか?夜は寒いですか?

秋や冬の花火大会は、夏とは違って空気が澄んでいて、花火もきれいに見ることが出来るので、寒さ対策バッチリにして楽しみましょう^^

そこで今回は、11月のお祭りや花火大会の寒さ対策は?服装や持ち物を紹介します。

スポンサーリンク

11月のお祭りや花火大会の寒さ対策は?

11月は、日中開催のお祭りや、キャンドルナイトイベントのように夜開催もお祭りもあります。

ぞれぞれ見ていきましょう!

  • 日中開催…朝と15時以降の寒さ対策必要。
  • 17時以降など、夜の開催…寒さ対策必要。

日中開催の場合、朝と15時以降の寒さ対策必要です。日中は最高気温が20℃くらいであれば暖かいのですが、日が陰ってくると急激に寒くなります。

17時以降など、夜の開催では、寒さ対策が必要になります。

スポンサーリンク

11月のお祭りや花火大会の服装は?

11月のお祭りや花火大会の服装をお知らせします。

夜はかなり冷え込んできますので、カーディガン・トレンチコートなどの羽織るものは必須です。

寒がりの方は、コートに手袋をしたりと冬の服装をするのもオススメです。

気温は地域によって気温が異なると思います。

気温別に服装の目安です。

気温服装
20℃未満カーディガン
16℃未満セーター
12℃未満トレンチコート
8℃未満冬物コート
5℃未満ダウンコート

私は冷え性なので、コートを着て手袋もつけていきます^^

スポンサーリンク

11月のお祭りや花火大会の持ち物は?

11月のお祭りや花火大会の持ち物をお伝えします。

  • とにかく寒さ対策…ホッカイロ・手袋・ブランケット・温かい飲み物・帽子
  • レジャーシートや折りたたみ椅子…レジャーシートは薄いものだと底冷えしますのでブランケットや座布団・銀マットなどを敷くと軽減されます。
  • ビニール袋…何かと便利なのであると重宝します。
  • レインコート・折りたたみ傘などの雨対策

お子さま連れですと、こどもの防寒も必要になってきますね!

ホッカイロは、貼らないタイプのものをママのポケットに入れておくと良いですよ!

寒さを訴えてきたときにすぐに渡せるし、「ママのポケットに手を入れてごらん?」と入れてあげるとあったかくて喜びます^^

スポンサーリンク

11月のお祭りや花火大会の寒さ対策は?服装や持ち物を紹介!まとめ

  • 11月開催の祭りで日中開催の場合、朝と15時以降の寒さ対策必要。日中の最高気温が20℃くらいであれば暖かいが、日が陰ってくると急激に寒くなる。
  • 17時以降など、夜の開催では、寒さ対策が必要になる。
  • 夜はかなり冷え込んできますので、カーディガン・トレンチコートなどの羽織るものは必須。
  • 寒がりの方は、コートに手袋をしたりと冬の服装をするのもオススメ。
  • 持ち物は、とにかく寒さ対策にホッカイロ・手袋・ブランケット・温かい飲み物・帽子。
  • レジャーシートや折りたたみ椅子・ビニール袋・レインコート・折りたたみ傘などの雨対策。

寒さ対策をして楽しみましょうね^^

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川口市情報へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おでかけ情報
スポンサーリンク
エコのmamaブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました