激安スーパーマーケット「フーコット」はなぜ安い?コストコとどう違う?

埼玉お出かけ情報

激安スーパーマーケット「フーコット」がとっても安いと話題で、日本版のコストコと噂されています。

「フーコット」はヒルナンデスやスッキリでも放送されたりして、話題の激安スーパーです!

激安スーパーは各地にありますが、フーコットはなぜ安いのでしょう?

コストコとどう違うか調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

激安スーパーマーケット「フーコット」はなぜ安い?安さの秘密

激安スーパー「フーコット」は、バナナが69円(税抜)、しめじが59円(税込)・山形県産はえぬきのお米が5キロで1198円(税抜き)などとっても安いですよね!

なぜ、そんなに安いのでしょうか?安さのヒミツを紹介します。

  • 支払いは現金のみ
  • ポイントカードなし
  • 営業時間が短い
  • 飲料などは棚で常温販売
  • 店内のBGMなし。

支払いは現金のみです。

今や支払いの方法は沢山ありますが、フーコットでは現金払いのみです。

通常クレジット決済や電子マネー決済を利用すると、店舗は手数料を支払う必要があります。

手数料の支払いをなしにして、その分お安くしているんですね!

ポイントカードがありません。

そもそもポイントカードというのは、お客さんに常連になってもらう手段ですよね。

それをしないでもお客さんが来てくれるのはやっぱり安いから!と言えます。

営業時間が短いです。

フーコットの営業時間は10:00~19:00です。

一般的なスーパーは9:00~21:00だったり遅い時間まで営業しています。

営業時間を短くすることで人件費などのコストカットが出来、安くできるんですね!

飲料などは常温販売し、店内のBGMがありません。

徹底的に経費を削減しているから、安いんですね!

スポンサーリンク

激安スーパーマーケット「フーコット」コストコとどう違う?

激安スーパーマーケット「フーコット」コストコとどう違うのでしょうか?

外観は外国のスーパーのようですよね。

激安スーパー「フーコット」のコンセプトは、「商品の圧倒的安さと鮮度、品ぞろえで満足できるスーパーマーケット」

「フードコストパフォーマンスマーケット」の略で「フーコット」なんだそうです。

かなりの品ぞろえと安さが日本版コストコと噂されている理由のひとつのようです。

また、オープンして1年たっていないので、混雑しています。

混雑しているレジの行列が「コストコ並み」とも言われています。

コストコと言ったら、全てがビックサイズ!ですよね!

「フーコット」に行ったらぜひ買いたいのが、ヒルナンデスでも紹介されたピザです。

ピザがコストコみたいにビックサイズなんです。

直径が30cmほどあり、オーブントースターに入りません笑

ビックサイズのピザにはテンション上がりますよね~!

さらに、フーコットもコストコもBGMがないです。

フーコットとコストコどちらもお財布の紐が緩んじゃいますよね~!

フーコットは、安さと品ぞろえで勝負しているスーパーマーケットに対し、コストコは大容量・コストコにしか売っていないオリジナル商品の充実が魅力です。

フーコットが日本版コストコと噂されているけれど、コストコとは違った魅力が沢山ありますね!

スポンサーリンク

激安スーパーマーケット「フーコット」はなぜ安い?コストコとどう違う?まとめ

  • 激安スーパー「フーコット」の安さの秘密は、支払いは現金のみにすることで、クレジット決済や電子マナーのように店舗が支払わなければならない手数料をなくしている。
  • ポイントカードなし・飲料などは棚で常温販売・店内のBGMなし・営業時間を短くすることで、コストを削減し、その分商品価格を抑えている。
  • かなりの品ぞろえと安さが日本版コストコと噂されている理由のひとつ。

激安スーパー「フーコット」ぜひ行ってみて下さいね!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
埼玉お出かけ情報
スポンサーリンク
エコのmamaブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました